AMG C63 S、フェイスリフト 2018年型に初試乗 不動のクラス王者

2018.08.02


どんな感じ?

依然ライバルを凌ぐインテリア

新しいC63は、デジタル・インストゥルメントと、最新のメルセデス・コマンド・インフォテインメントシステムを装備している。ステアリングホイールのデザインも更新された。新しいデザインでは、グリップ周りの彫りが深くなり、握りやすくなったほか、円弧下辺の直線的になった部分が短くなった。

素材も、ナッパレザーかダイナミカ・スウェードに、グロスブラックかカーボンファイバー
製のインテリア・トリムパネルが選択可能となる。また、すでに最新のSクラスやEクラス、Aクラスなどで高い評価を得ている、タッチコントロール・ボタンも備わる。

ステアリングホイールのスポーク部分には、新しいAMGスペシフィック・コントロール機能も追加されている。右側のロータリー式のボタンでは、ドライブモードの選択が可能で、さらにトラクションコントロールの選択によってESP(横滑り防止装置)をオフにすることもできる。左側のボタンには、エグゾーストやトランスミッションの設定など、好みに応じた機能を指定することができる。

インテリアの質感は依然として、ライバルを凌いでいる。デジタル・インストゥルメントは最新技術を搭載した雰囲気に溢れ、ラグジュアリーな色気と明確な品質の高さは、追従を許さない仕上がりだと思う。

また、ボンネットの内側にも、C63 Sの大きな魅力が隠されている。4.0ℓのV8エンジンだ。まるでエレキギターのような、V8エンジンの発する激しい低音の響きは、しばらくの間耳にこだまして離れないほど。エンジンは極めてレスポンシブで、回転の上昇もシャープ。ターボ過給されているとは、にわかに信じがたい。

 
最新試乗記