AMG C63 S、フェイスリフト 2018年型に初試乗 不動のクラス王者

2018.08.02


「買い」か?

アウトバーン育ちの宝もの

サルーンよりもC63クーペの方が、ボディコントロールでは優れているし、レスポンスも鋭く、サルーンよりも高速でのコーナリングも可能ではある。それは、リアタイヤの幅が広く、接地面が大きいことも理由だと思うが、サルーンほどのホッドロッド的なエグゾーストノイズとドライバビリティを得られていないとも感じる。またシーンが許せば、比較的穏やかにドリフト状態を永遠にキープしていられるような性格も、持ち合わせていない。

加えて、少しトラッドなスタイリングの魅力も捨てがたいから、わたしなら4ドアサルーンを選ぶ。そして、ドイツやイタリア、日本、アメリカなど、どんなライバルを持ってしても、太刀打ちできない完成度を誇る。

このC63 Sこそ、メルセデス-AMGが生んだ、味わい深いサスペンションと後輪駆動を備えた、アウトバーン育ちの宝ものだと思う。ドイツ・アッファルターバッハに拠点を持つAMGには、このようなクルマを、今後も長く作り続けて欲しいと願っている。

メルセデス-AMG C63 Sサルーンのスペック

価格 7万7500ポンド(1131万円)
全長×全幅×全高 4757×1839×1426mm
最高速度 289km/h
0-100km/h加速 4.0秒
燃費 10.0km/ℓ
CO2排出量 227g/km
乾燥重量 1680kg
パワートレイン V型8気筒3982ccターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 510ps/5500-6250rpm
最大トルク 71.2kg-m/2000-4500rpm
ギアボックス 9速オートマティック

 
最新試乗記