海外試乗

2018.08.11

日産リーフで挑戦する3つの山頂 制限時間は24時間 2018年は成功なるか?

日産リーフ

素晴らしき新型リーフ 問題は人間

われわれの挑戦を成功させるには、少なくともAUTOCARスタッフの1名が登頂する必要があるが、メンバーそれぞれが持病(バート:膝、レーシー:臀部、レーン:性格)をもつ中で、最悪の状況を引き起こしたのはわたしだった。

それでも、イングランド最高峰を午前3時に征服したあと、妙にハイになった状態で、次の行程に移る前に、英国国民が大好きなジャファケーキという名のチョコ掛けビスケットをすべて平らげるだけの余裕はあった。

山を下りても問題は続いた。充電するつもりだったホテルのゲートが閉まっていたのだ。前回の挑戦以降、主要幹線周辺の充電インフラ拡充は進んでいるが、やはり交通量の多い道から外れるのは非常に危険なのだ。

真夜中にもかかわらず、幸いにも他のホテルが充電ステーションを使わせてくれた(それでも、3ピン式ソケットでの充電はイライラするほど時間の掛かるものだった)ことは、パイオニアとしてEVを選んだオーナーたちが、時折体験することのできるひとびとの素晴らしさだろう。


この騒動のお陰で、スカフェル・パイクとスノードンの間で、再度の充電が必要となったが、既にその前には不吉な予感があった。そして、スノードンにはまだ56kmほどを残したコンウィの城壁を通り過ぎた辺りで、ついにクラクションが鳴らされたのだ。

つまり、チームAUTOCARは再び失敗したわけだが、今回は新型リーフを責めることなどできない。

今回の挑戦メンバーとは違い、このクルマは素晴らしかった。新型リーフには依然として情熱が足りないかも知れないが、784kmと24時間をこのクルマで過ごしてみて、われわれはこのクルマを、大きな欠点のない、様々なオーナーのニーズに対応することのできる、素晴らしく多機能なモデルだと評価している。

事実、次の挑戦に向けて、何かを変える必要があるとすれば、それは、われわれの肉体であり、決してリーフではない。

 
最新試乗記