国内試乗

2018.09.01

国内試乗 新型ベントレー・コンチネンタルGT 歴代最高の完成度

ベントレー・コンチネンタルGT

よりスポーティになった

実際に3代目の走りは目をみはるものがある。今回も四輪が駆動されるが、トルク配分は先代の40:60から、0:100に変更された。W12気筒エンジンは590psから今回は635psへとパワーアップ。最大トルクも73.4kg-mから91.8kg-mへと増大している。

いっぽうでエンジンは直噴とポートインジェクションが組み合わされ、3000rpm以下あるいは30.6kg-mという低回転や、やや負荷が低い時には12気筒に気筒休止システムが働き、6気筒となって燃費効率を向上させる。

観た目の印象もワイドで低くなっているように感じられる。実際は「数値的にほとんど変わっていない」(広報担当者)そうなので、グリルの造型やフェンダーの張り出しなど、スタイリングの妙でそういう印象を作り出しているのだろう。

よりスポーティになったという外観の印象は、走りだした瞬間にまさに期待どおりだったと知れるのだ。なにより感心するのは、地面に吸いつくように走る操縦安定性だ。

アクセルペダルと12気筒エンジンが直接くっついたような、ダイレクトな加速感と、背中がシートに張り付いてしまったようなトルク感に加え、ステアリングホイールを切ったときの車体の動きは俊敏だ。車体のロールをほとんど感じさせないで小さなコーナーが連続する道でも気持ちよくこなしていける。

 
最新試乗記