三菱アウトランダーPHEV 2018年型に試乗 ほぼEV、現実的に未来しめす

2018.09.10

「買い」か?

未来を現実的に感じられる

アウトランダーの発展型なので基本はアウトドア趣味のレジャーワゴン。キャビンスペースや積載性もそういったSUV用途に適したものだ。

ただ、エコ性能に優れたSUVという表現では同車の魅力は伝わらないだろう。

アウトランダーPHEVに乗って最も印象深いのはEV感覚である。あまり効率的ではないが、EV走行域を伸ばしたければ「チャージ」モードと「EV」モードの繰り返しで走らせてもいい。もちろん、急速充電で繋いでいくことも。

いずれにしても「ほぼEV」が見所であり、このマイナーチェンジは「ほぼEV」を核に走りのプレミアム感を向上。内外装もプレミアム志向を強めて、SUV視点なしでも近未来型プレミアムカーとした。

半自動操舵型LKA等の先進的安全&運転支援機能が遅れ気味なのは多少気になるが、EVやシリーズHVが苦手の高速長距離走行用途適性も高い。従来の内燃機車と大差ない使い勝手で、先進的エコ・プレミアムを楽しめるのが大きな魅力。

一般的なファーストカー用途向け車種としては走りで最も未来を感じさせてくれるモデルである。

アウトランダーPHEV G プレミアム・パッケージのスペック

価格 479万円
全長×全幅×全高 4695×1810×1710mm
最高速度
0-100km/h加速
燃費 14.6km/ℓ
CO2排出量 142g/km
車両重量 1900kg
パワートレイン 直列4気筒2359cc
使用燃料 ガソリン
最高出力(エンジン) 128ps/4500rpm
最高出力(モーター) 82ps(前)95ps(後)
最大トルク(エンジン) 20.3kg-m/4500rpm
最大トルク(モーター) 14.0kg-m(前)19.9kg-m(後)
ギアボックス CVT

 
最新試乗記

人気記事