海外試乗

2018.09.12

マセラティ・グランツーリスモMC 2018 最後の試乗 ロマンスこそ存在意義

マセラティ・グランツーリスモMC 2018年モデル

テスト日 : 2018年9月6日

価格 : 10万7865ポンド(1572万円)

文・リチャード・レーン 

どんな感じ?

所有欲をくすぐるモデル

MCは非常に所有欲をくすぐるモデルだ。その7500rpmまで回るウェットサンプのV8エンジンは、依然として量産モデルのなかではもっとも魅力的なスタートアップを見せ、そのサウンドはハスキーでありながら、ブリッピングには素晴らしいスムースさで応えてくれる。さらにどう猛な優美さとでも表現すべきそのボディワークを見れば、何故フェラーリはピニンファリーナとの関係を終えてしまったのかと思うだろう。

だが、そのエンジンとボディスタイルも批判と無縁な訳ではない。いかに自然吸気とはいえ、ターボ過給エンジンと比べ中速トルクが決定的に不足しており、2地点間を移動するクルマとしては、グランツーリスモはそのルックスやサウンドほどの速さを見せてはくれないのだ。


さらに、リアランプは第4世代のフォード・モンデオのようであり、20インチのリアホイールも、巨大なホイールアーチのなかではやや存在感を失っていると言わざるを得ない。特に、ホイールアーチについては、このクルマのプラットフォームがクワトロポルテに使用されているもののショートバージョンだと知れば、なおさら不満を感じるだろう。

キャビンでは、反応と操作性に優れた新しいインフォテインメントシステムが目を引くが、インテリアの他の部分がすでに時代遅れになりつつあり、すべてが調和しているとは言い難い。さらに、最高速度299km/h、0-100km/h加速4.8秒を誇るクルマとしては、ステアリングとシートの調整幅も不十分だ。

next page素晴らしいGTカー それでも残る不満

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ