カーレビュー

2018.09.15

ロードテスト ポルシェ・カイエン ★★★★★★★★☆☆

ポルシェ・カイエン・ターボ

テスト日 : 2018年9月5日

価格 : 9万9291ポンド(約1490万円)

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

内装 ★★★★★★★★★☆

カイエンはパナメーラと同様に、心地よいアナログっぽさを感じさせながら、操作系には先進的な車内テクノロジーの数々が盛り込まれている。

計器盤は依然としてアナログ回転計を中央に据えるが、その両翼は素晴らしく鮮明なデジタルディスプレイの数々が固め、スリムなダッシュボード中央にはタッチパネル式ディスプレイがスマートに一体化している。ただし、オプションのカーボンインサートは、これに何の用もなさないが。そこから視線を下に落とすと、先代で並んでいたプラスティックのスイッチの代わりに、トランスミッショントンネルの頂上に張られたパネルと面一になったガラストップのボタンを目にすることとなる。

同時に、そこにはこれまでにもみられたオフロード走行向けの三角形のグリップハンドルやこの上ないドライビング環境のエルゴノミクス、インテリアの控えめなアーキテクチャーに支えられたソリッドさが受け継がれている。キャビンは広く至れり尽くせりで、静粛性はいうまでもなく高い。テスト車はロードノイズも風切り音もQ7 3.0TDIより小さく、ターボに標準装備されるグレーのアルカンターラのルーフライニングは好ましい。


これまた標準装備の18ウェイ調整式スポーツシートは、見た目以上にサポート性があり、様々な体型に対応。シートヒーターは前後席ともに備える。座面を低くしたことで、スポーティなルーフラインにも関わらず後席のヘッドルームは十分に広い。ただしレッグルームは、このサイズのクルマとしては妥当といった程度だ。

ターボの荷室容量は、下位グレードよりわずかに小さい。それでも、通常時で741ℓというのは、先代モデルからすれば大幅な進歩だ。

 
最新試乗記

人気コンテンツ