カーレビュー

2018.09.15

ロードテスト ポルシェ・カイエン ★★★★★★★★☆☆

ポルシェ・カイエン・ターボ

テスト日 : 2018年9月5日

価格 : 9万9291ポンド(約1490万円)

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

使い勝手 ★★★★★★★★☆☆

ダッシュボードへシームレスに組み込まれた12.3インチのタッチパネル式ディスプレーは、初めて見るとその大きさに違和感を覚えるかもしれない。これはポルシェ・コミュニケーション・メネージメントシステムの最新版で、操作はスマートフォンのよう。メディアやナビゲーション、カスタマイズ可能なホームページで照会した車両パラメータなどにアクセスできるアプリが組み込まれている。グラフィックはかなりシャープで、操作への反応に遅れはほとんどない。ただし、アイコンのいくつかが、走行中に扱うには小さすぎる。

スマートフォンとのコネクティビティについては、Apple CarPlayのみが用意される。しかし、Bluetooth接続機能が標準装備され、電話操作や音楽選曲などは容易だ。USBポートはセンターコンソールのコンパートメントと後席側に、それぞれ2口ずつ配置される。

このターボには、14スピーカー・出力710WのBoseサラウンド・サウンドシステムが装着される。標準モデルの150Wオーディオとは雲泥の差だ。

視界

このサイズのクルマに期待される、良好な視認性をみせる。後方視界がやや限定されるが、そこはカメラとセンサーが補ってくれる。

燈火類

マトリックスビームとポルシェ・ダイナミック・ライトシステム・プラスを備えるLEDヘッドライトは、1082ポンド(約16万円)のオプション。今回は、それを試す機会はなかった。

ステアリングとペダル

ステアリングコラムの調整幅は大きい。右ハンドル車はわずかにペダルがオフセットしているが、不快なほどではない。

 
最新試乗記

人気コンテンツ