ロードテスト アウディA7スポーツバック ★★★★★★★☆☆☆

2018.09.17

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ スペック ▶ 結論

購入と維持 ★★★★★★★★☆☆

このA7、一番のライバルであるCLS350d 4マチックAMGラインだけでなく、不恰好な630dグランツーリスモMスポーツの価格すら下回る。5万8000km走行後の予想残価の点においては、どのクルマもパッとしないが、A7は41%、CLSが43%、BMWが42%と、3台の中で最も低い。ガソリンユニットの55TFSIなら43%だが、新車価格は16.5万円ほど高い。加えて、燃費はディーゼルの方が3.5km/ℓほど優れている。

A7の装備内容は充実している。電動レザーシートやLEDヘッドライト、19インチホイール、注射センサーやクルーズコントロールはスポーツグレードなら標準装備。スマートフォンとの連携機能は、AppleにもAndroidにも対応する。また45TDIでも50TDIでも147g/kmのCO2排出量は、このレンジで最も少ない。Sラインにグレードアップすると、よりアグレッシブなエクステリアと20インチホイール、アダプティブLEDヘッドライト、ローダウンされたスポーツサスペンションが装着されるが、CO2排出量は150g/kmに高まる。

価値の推移


メルセデスやBMWと比べるとわずかながら落ちるが、どれも似たり寄ったりといったところだ。

 
最新試乗記