海外試乗

2018.09.23

天空の玉座 エグゼクティブ・オープン・スポーツ対決 前編 回顧録

ランボルギーニ・ガヤルド・スパイダー/ベントレー・コンチネンタルGTC/アストン マーティンDBSヴォランテ

強烈な存在感の3台

それではこれから2日間、この3台を徹底的に駆り立ててみるとしよう。今回のミッションはコンバーティブルに対するテストとしては並外れて過酷なものになるだろう。ルーフを取り去ったことによる構造上のアンバランスに起因する問題点を、仮借なく徹底的に暴き出すつもりだからだ。

視覚的な存在感という意味では、これら3台はどれも上々のスタートとなった。

DBSはDB9に比べるとディテールに凝り過ぎではないかと感じられるほど、手の込んだ造りになっている。クーペのルーフラインが形作るエレガントな曲線美を失っているのは惜しまれるものの、ロングノーズとテールの絶妙なバランス感覚に乱れはない。そして、ルーフが完璧な美しさで格納されると、クラシカルでグラマラスな典型的「夢のスポーツカー」が現れる。

存在感の強烈さではGTCも引けを取らない。巨大なボディとメッシュのグリルがやや鈍重さを匂わせるが、ルーフを開けていなくてもそのスタイリングは十分に魅力的であり、オープン時の整然とした仕立てにはかなり神経質な向きでも文句の付けどころを見つけられはしないだろう。

ガヤルドにはメカニカルな迫力がある。車高がGTCの半分しかないので、あたかもノーズを地面につけてうずくまっているかのようだ。ルーフを閉じた状態だとまるでキャップをかぶっているみたいだが、開け放せばショートノーズ&ロングテールのシルエットがさらに強調され、その変身ぶりはドラマティックでさえある。

 
最新試乗記