海外試乗

2018.09.24

最高にホットなBセグ・ハッチバックを探す 前編 回顧録

ルノースポール・ルーテシア/フォード・フィエスタ・マウンチューン/アバルト500エッセエッセ/フォード・フィエスタ・ゼテックS/ルノースポール・トウィンゴ/スズキ・スイフトスポーツ

高速での走りは

スイフトスポーツは、乗り心地や遮音に関しては前出の2台よりもかなり優れてはいるのだが、やはり長距離だと疲れるクルマであることには変わりない。原因は主にドライビングポジションにある。ドライバーズシートのハイトを十分に下げられず、しかもステアリングコラムの角度を十分に上げられないため、実際よりも小さく、性能も低く感じられてしまうのだ。

マウンチューン・フィエスタの高速道路における問題点は、高らかに響き渡るエグゾーストサウンドを聞きながら300mも走れば、誰が見ても、いや聞いても明白だ。もっとも、わたしにとってはたいした問題ではない。もともとホットハッチというものはこういうクルマだったわけで、わたしを含めてそれを知る者には当たり前だからだ。

対してノーマルのゼテックSフィエスタは、ドライビングポジションと巡航時のエンジン回転数こそマウンチューンと同じながら、高速道路という舞台では、今回の6台中2位に位置する優秀さである。

驚くほど完成度が高く、特に遮音の行き届いた静粛性やびしっと安定した乗り心地、それにスムーズなステアリングなど、高速巡航においては本当に卓越している。これで6速ギアがあれば申し分のないところなのだが、それがなくても数年前の大型ファミリーカーと比べても遜色ないくらいにリファインが行き届いている。

next page元気いっぱいのアバルト

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ