海外試乗

2018.09.24

最高にホットなBセグ・ハッチバックを探す 前編 回顧録

ルノースポール・ルーテシア/フォード・フィエスタ・マウンチューン/アバルト500エッセエッセ/フォード・フィエスタ・ゼテックS/ルノースポール・トウィンゴ/スズキ・スイフトスポーツ

優秀だが何かが欠けたトウィンゴ

ただし、このエッセエッセを予約するのが賢明な行為かどうかには、少々疑問がある。ターンインは確かに見事で、その後の姿勢も本当に安定しており、ステアリングのフィールも実に豊富なのだが、ちょっとならずハーシュネスが強いのだ。それが走る楽しさと引き替えにできる範囲にあるかどうかは、非常にきわどいように思える。

トゥインゴRSはそこまで極端ではない。こちらも本当に敏捷性に優れたクルマである。また、ステアリングは負けず劣らずなめらかで、しかも乗り心地は500よりも落ち着いている。

133psのパワーをフルに引き出すには乗り手側の努力が欠かせないが、個人的にはまったく気にならないし、それに、そういう部分もまたホットハッチの楽しみのひとつであるという考えには同意いただけるはずだ。唯一、惜しまれるのは、いくら乗ってみても、感動が押し寄せる究極の瞬間が訪れてはくれない点である。

グリップは満ちあふれ、ステアリングにはリニアでしっかりとした手応えがある。限界ぎりぎりのところまで、非常によくダンピングが効いているし、アジリティに関する不満もまったく感じることはないだろう。ただ、エンジニア諸氏がこの記事を読んだら不愉快に感じるだろうが、なにかが欠けているのだ。

 
最新試乗記

人気コンテンツ