海外試乗

2018.09.26

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ 試乗 900台限定 自動車工学の賜物

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

テスト日 : 2018年8月31日

価格 : 36万ポンド(5184万円)

文・ローレンス・アラン 


「買い」か?

もどかしい最高峰

通常のサーキットの路面で、トロフェオタイヤの組み合わせだったとしたら、SVJのコーナリングスピードは、今回の比ではない、凄まじいものだったろう。つまり、ストレートでの速さだけではなく、どんな状況においても、最高峰のパフォーマンスを備えたスーパーカーだと思う。

インテリアには、シャシーの構造体と同様にカーボンファイバーが溢れ、空力特性やハンドリングに注ぎ込まれた技術を考えれば、同様のパワーを生み出すクルマと比較して、36万ポンド(5184万円)という価格も、うなずけるもの。

トランスミッションは精彩に欠け、エンジンもハイブリット技術などは搭載されていない。しかし、自然吸気のV12というシンプルな成り立ちは、それだけでプレミアムな存在ではある。

わたしとしては、アヴェンタドールSVJのハンドリングが、より一般的な感覚なら、一層良いクルマになったのではないかと思う。機械任せではなく、ドライバーの意思がもっと反映するものなら、スピードだけでなく、クルマの持つドラマティックさやポテンシャルは、他のモデルでは得られないほどの輝きだったろう。

仕上がりが極めて高水準なだけに、なんとももどかしい。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのスペック

価格 36万ポンド(5184万円)
全長×全幅×全高 4943×2098×1136mm
最高速度 349km/h
0-100km/h加速 2.8秒
燃費 5.1km/ℓ
CO2排出量 452g/km
乾燥重量 1525kg
パワートレイン V型12気筒6498cc
使用燃料 ガソリン
最高出力 769ps/8500rpm
最大トルク 73.2kg-m/6750rpm
ギアボックス 7速ロボタイズド・マニュアル

 
最新試乗記

人気コンテンツ