海外試乗

2018.09.30

EV 運転スタイルによる航続距離の差は? 2台のジャガーIペースで検証

ジャガーIペース

EVの航続距離を最適化する方法

クルマに乗りこむ数時間前にEVを事前に準備することがまず第一だ。家に充電器があればことは簡単。それに(Iペースの場合)スマホアプリでキャビンの温度を設定することができる。こうして満充電で出発する。エアコンは設定温度をキープするだけ。極端に暑いないし寒い状態からキャビンの温度を変えるためにバッテリーを使わないことだ。

ドライブ設定からエコモードを選ぶのは当然だ。さらに、アクセルを閉じた時のモーターの回生ブレーキを最大に設定するのはとても有益だ。モーターによるブレーキングだけでなく油圧ブレーキを使うことは、運動量を浪費するとともにバッテリーを無駄遣いすることになる。

交通状況を先読みしてスピードを維持することが望ましい。ずっと高速で走り続けることを避けるのもバッテリーを節約するのに役立つ。

事前に計画を立てることも極めて重要だ。どこで充電するか計画を立て、アプリでそこの充電器が実際に稼働中かチェックする。エコトリシティとザップマップ・アプリが役に立つ。将来、もっと多くの高出力チャージャーが配備されれば、計画の必要性は薄れていくだろう。

next page高速道路での充電問題

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ