海外試乗

2018.09.30

EV 運転スタイルによる航続距離の差は? 2台のジャガーIペースで検証

ジャガーIペース

高速道路での充電問題

現在のところ、テスタ独自のスーパーチャージャーネットワークにアクセス可能なテスラのオーナーでなければ、旅の途中で急速充電できる適当な超高速充電ネットワークは存在しない。ほとんどのプレミアムカーメーカーが計画中の大容量バッテリーを搭載した航続距離の長いEVにはこれが必要なのだ。

この問題を解決するため、BMW、ダイムラー、フォード、それにフォルクスワーゲングループは、共同でイオニティを立ち上げた。350kWの充電スタンドのネットワークである。

計画では、2020年までに合計で400サイトを欧州内に設置することになっている。そのうちおよそ40から45カ所が英国である。英国初のスタンドは今月メイドストーンにオープンすることになっている。すでに稼働中の大陸の8カ所に続くものだ。

スタンドはおよそ100kmから120kmおきに高速道路のサービスエリアに設置され、各スタンドには概ね6台の充電器が備えられる。もしクルマが最大出力の充電に対応可能であれば、350kWの充電器で5分間充電するとおよそ100kmの航続距離が得られる。

充電器はクルマのバッテリーが対応可能な最速レートで自動的に動作する。標準的な充電価格は決まっている。英国では1時間で8ポンド(1190円)、大陸では8ユーロ(1055円)である。

next page充電設備の普及促進へ

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ