海外試乗

2018.10.12

ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャット・レッドアイ 試乗 ザ・マッスルカー

ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャット・レッドアイ・ワイドボディ

テスト日 : 2018年10月8日

価格 : 7万7045ドル(870万円・税別)

編集部より

大きく逞しく、怪力。旧態的なマッスルカーに磨きをかけ、0-400mを10秒以下という突出したパフォーマンスを獲得した特別仕様に米国で試乗しました。現行モデルの発表から10年が経ちますが、まだその魅力は薄れていないといえるでしょう。

もくじ

どんなクルマ?
車重は2050kgでも、最高出力は797ps
どんな感じ?
期待通りの笑えるほどの激しさ
コーナーリングも悪くない
「買い」か?
マッスルカー中のマッスルカー
スペック
ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャット・レッドアイ・ワイドボディのスペック

どんなクルマ?

車重は2050kgでも、最高出力は797ps

現行のダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャットには、6.2ℓのV8にスーパーチャージャーが組み合わされ、最高出力は707psを発生する。手懐けるのは中々厄介なクルマだ。

今回のレッドアイと名付けられたハイパフォーマンス版には、限定生産されたSRTデーモン仕様とほぼ同じメカニカルパッケージが装備されている。SRTデーモンとは、昨年、米国のアマチュア・ドラッグレーサー向けに提供されたバージョンで、最高出力は840psを繰り出し、0-400mを10秒以下で走るパフォーマンスを誇る。

レッドアイ仕様では797psと、やや絞られた最高出力が公表されているが、100オクタンのガソリンではなく、アメリカ仕様の93オクタンのガソリンを入れれば、同じ最高出力を発生することが可能だという。ちなみに日本の場合、レギュラーは90オクタンで、ハイオクは100オクタン以上となる。

どちらもスーパーチャージャーは大型化され、コネクティングロッドとピストンは強化品に換装。潤滑システムもアップグレードされている。柔軟な身のこなしのスポーツカーという訳ではないが、パワーウェイトレシオは2.57kg/tと、高性能なスポーツカー並み。

ダッジによれば車重は2050kgに及ぶが、0-96km/h加速は3.4秒で、最高速度は326km/hに達する。現代のマッスルカーの代表格といえる1台を、米国の地で確かめてみよう。

next page期待通りの笑えるほどの激しさ

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ