[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャット・レッドアイ 試乗 ザ・マッスルカー

2018.10.12


「買い」か?

マッスルカー中のマッスルカー

英国の場合は、限られた数ながら、並行輸入で上陸する可能性はある。しかし、ダッジ正規の取り扱いとしては、可能性はほとんどないといって良いだろう。レッドアイが大西洋を超えて来ることは難しいのだ。

米国の場合なら、コストパフォーマンスは非常に高いクルマだといえる。標準のダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャット・レッドアイの価格は、最高出力がほぼ半分の、アウディRS5とほとんど同じに設定されている。今回のワイドボディを選ぶと、さらに6000ドル(68万円)の追加費用が必要となるが。

ダッジ・チャレンジャーは、この型が発表されてから早いもので10年が経つ。少数モデルをリリースしつつも、すでにその話題性はあまり高くはないことも事実。SRTバージョンなど、マーケティング的なシズル感を狙っているものだとはわかる。

しかし、マッスルカー中のマッスルカーとして、このモデルの魅力に気づかないことは、逆に難しいと思えるクルマだ。

ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャット・レッドアイ・ワイドボディのスペック

価格 7万7045ドル(870万円・税別)
全長×全幅×全高
最高速度 326km/h
0-100km/h加速 3.4秒
燃費 6.7km/ℓ
CO2排出量
乾燥重量 2050kg
パワートレイン V型8気筒6166ccスーパーチャージャー
使用燃料 ガソリン
最高出力 797ps/6300rpm
最大トルク 97.5kg-m/4500rpm
ギアボックス 8速オートマティック

 
最新試乗記