試乗 アルピーヌA110 軽量ゆえ、身軽で素直な挙動が魅力

2018.10.19

コントローラブルで楽しめる

ブレーキに関しては、正直なところ、最初はもっと効いてもいいのに、と思った。ところが、下りのワインディングでペースを上げるとパッドに熱が入ったようで、明らかに食いつきがよくなり、望むだけのブレーキングパワーを得られるようになった。つまりブレーキも合格である。

ミドシップに横置きされるエンジンは、日産とルノーとのアライアンスによる1.8ℓ直4ターボで、252psと32.6kg-mを発生、ゲトラク製7段DCTを介して後輪を蹴る。パフォーマンスに対する満足度は普段乗っているクルマなどによって変わるが、少なくとも当方には0-100km/h=4.5秒というA110の加速はすこぶる爽快で、充分に楽しめた。

最後にショートサーキットを合計2周走った印象を記すと、タイトコーナーでスロットルを閉じることによってテールを張り出すことができるが、再び踏み込んだ途端に流れが止まって加速に移っていくので、危なげがない。ひとことでいって、ミドエンジンという配置から想像するより、限界付近の挙動はずっとコントローラブルだと感じた。

最後は同乗走行だったが、ルノースポールからやってきたシャシーチューニング部門のテストドライバー氏は、楽しくてしょうがないという風にfunnyを連発しながら、スロットルオフによるテールアウトコーナリングを何度もやって見せてくれた。それでももちろん、スピンしそうな印象は皆無だった。

 
最新試乗記

人気記事