海外試乗

2018.10.27

ロードテスト マクラーレン・セナ ★★★★★★★★★★

マクラーレン・セナ

テスト日 : 2018年10月10日

価格 : 1億1100万円

編集部より

AUTOCARのロードテスト90周年という記念すべき回に選出したクルマは、800psの最高出力と800kgのダウンフォースを誇る、マクラーレン・セナ。ロードリーガルレーサーとして至らない点はほぼゼロに近い、満点にふさわしい仕上がりだといえるでしょう。

もくじ

はじめに
意匠と技術 ★★★★★★★★★★
内装 ★★★★★★★★★★
走り ★★★★★★★★★☆
使い勝手 ★★★★★★★☆☆☆
乗り味 ★★★★★★★★★★
購入と維持 ★★★★★★★★★★
スペック
結論 ★★★★★★★★★★

はじめに

今回のロードテストで掘り下げるのは、マクラーレン・オートモーティブ社が生み出した、史上最もエクストリームなロードカー。

まだ8年しか歴史のない、マクラーレン・オートモーティブ社が生み出した公道向けのクルマに対して、この表現はやや大げさにも聞こえるかもしれない。しかし、マクラーレンP1から675LT、720Sと、短期間のうちに次々とカタログモデルをリリースし、過去のマクラーレンF1という究極のモデルも、多くの人にとってまだ鮮明に記憶にあるはず。また、マクラーレン・セナは、世界最大規模の金融コングロマリットの投資を受けた時点で、生まれる運命にあったようにも思える。

モータースポーツ界での成功を長年収める中で、厳格な「フォーミュラ」を守り、技術を蓄えてきたマクラーレン。素材やエンジン配置、サスペンション構成、タイヤの接地面積、最大ダウンフォース量、重量制限など、条件は多岐に渡る。ときには、イノベーションという名のもとで、ひとつやふたつ、ルールを曲げることもあったけれど。その一方で、ロードカーの場合は別のルール、快適性や使いやすさ、ドライバビリティ、実用性などをバランスさせた、妥協のもとで生まれている。突出したパフォーマンスとハンドリング性能も、妥協が必要となる。

もし仮に、それらの縛りがなかったらどうなるのだろう。予算の制限もなく、レースで培われた技術をすべて投入できるとしたら。あるいは、普通の人でも運転できるレベルに落ち着かせていたパフォーマンスを、最大限にまで引き上げたとしたら。マクラーレンは、どんなクルマを生み出せるのだろうか。

その答えが、このマクラーレン・セナだといえる。マクラーレン・オートモーティブCEOのマイク・フレウィットをもってして、「マクラーレンが持つモータースポーツDNAの象徴」と表するクルマ。アイデンティティだともいえる。そして、それを具現化したポテンシャルを表現するために選ばれた名前は、伝説的なレーシングドライバーだった。

中にはアイルトン・セナの記録と記憶は、モータースポーツ界全体に属するものだとする見方もある。そういう意味では、マクラーレンの登用は不適切に感じられるひともいると思う。ただ、これまで500回にも及ぶブラジルの慈善団体、アイルトン・セナ財団への寄付に加えて、セナ最後のシャシーをオークションにかけ、得られた収益も寄付していることは、偉大なレーサーへの最大の敬意の表れではないだろうか。

マクラーレン・セナの実力を示すことも、そんな疑問を晴らす上で非常に重要だ。AUTOCARとして、ざまざまな比較テストや考察をし、ロードテストの記事とすることで、マクラーレンの偉大さにも見えてくると思う。

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

next page意匠と技術

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ