[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

BMW M850i 初試乗 英国価格10万ポンド フラッグシップ・クーペ復活

2018.10.29

ライバルに一歩及ばないインテリア

8シリーズの成功を占ううえでも、インテリアの第一印象や仕上がりは、重要な部分。かつての6シリーズ・クーペは、5シリーズと素材の部分での共通性が関係していたためか、モデル・ヒエラルキーの中ではフラッグシップという位置づけよりもやや低いポジションにあったことを思い出す。

ミュンヘンの企業が全力を出し、しがらみを拭い、世界のラグジュアリー・グランドツアラーに伍する車内空間を獲得できているのかというと、正直、即答しにくい。部分的には良い箇所もあるのだけれど。

モダンな住宅の備え付け家具に見られるような、艶のないマット・クロームが随所に用いられてはいる。わたしの印象としては、近年のBMWはモデルチェンジの度に、クロームメッキ・パーツのインテリアで占める割合が増えている印象がある。しかし、それらキラキラしたパーツは、極めて上品にレイアウトされており、空間全体から受ける印象としては、とても豊潤で高価な雰囲気だと思う。シートのできもすばらしい。狙い通りに。

運転席に座ると、目の前に広がるのはBMW製の新世代インフォテインメント・システム、iドライブ7.0のタッチモニターで、インターフェイス・デザインは新しくなり、メニューでカスタマイズできる項目も増えている。そして正面には、ライブコクピット・プロフェッショナルと呼ばれる、デジタルインスツルメント。モニターのサイズは12.3インチと大きいが、BMWも遂にアナログメーターから卒業してしまった。

トランスミッション・トンネルを覆うセンターコンソールのデザインも新しくなっている。シフトノブとiドライブのセレクターの他に、エンジンのスタートボタンやオーディオのボリュームノブがレイアウトされている。ちなみにオプションで、綺羅びやかなカットが施されたクリスタルガラス製のシフトセレクターも選択できる。

世界中のプレスを招いた壮大な規模の発表会での印象は、全体的には素晴らしいものだった。しかし、素材の上質感や品質の高さ、先進的な技術などの魅力で、ポルシェ・パナメーラやアウディS7、メルセデス・ベンツSクラス・クーペを明確に超えているとは、感じられなかった。

 
最新試乗記