[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

BMW M850i 初試乗 英国価格10万ポンド フラッグシップ・クーペ復活

2018.10.29

戦闘力の高いV8エンジン

一方で、M850iに搭載されるV8エンジンは、かなりの戦闘力を持っている。組み合わされる8速ATとともに、スムーズでレスポンスも鋭い。中回転域では柔軟性に飛んだトルク感があり、高回転域ではBMW M5との共通性も感じられる、暴力的とさえ思える好ましいフィーリングがある。

メルセデス-AMGのフルスペックモデルやアストン マーティンDB11などを持ってしても、現実世界の環境においては、互角以上の走りができるほど、速いと思う。また遮音性にも優れ、クルージングスピードでは、心地よい静けさに包まれる。でも、わたしの場合はV8エンジンのノイズを聞きたい衝動に駆られ、思わず右足に力が入ってしまう。ステレオのスピーカーから人工的に鳴らされるノイズは、幾分穏やかな設定のようだ。

8シリーズにも採用されている、インテグレイテッド・アクティブステアリング・システムは、フロントタイヤの切れ角をスピードに応じて制御し、加えてリヤタイヤのステアリング機能を組み合わせたもの。ほかのモデルと比較すると、直感的なものに改善されてはいるものの、大型グランドツアラーに望むような、コミュニケーション性に優れた魅力的で自然なステアリング・フィールとまでには至っていない。

ステアリングホイールから感じ取れるフロントタイヤの接地感は物足りなく、中心付近での安定性にも掛けている印象。ドライビングモードを変更しても、ステアリングの重さに明確な変化がないうえ、ランナバウト(ロータリー交差点)を抜けるような場面では、軽くクイックに突然変化する印象があり、驚かされるひともいるだろう。クルマの挙動変化にドライバー側が合わせなければならない点は、ドライブを楽しむ面での障壁になっていると思う。

 
最新試乗記