ジャガーXE SVプロジェクト8 試乗 史上最強のジャガー製ロードカー

2018.10.30


どんな感じ?

ジャガーのロードカーとして過去最強

ジャガーXE SVプロジェクト8を開発したのは、ジャガー・ランドローバー(JLR)のスペシャルビークル・オペレーションズ(SVO)部門。まっさらなホワイトボディは、ベースとなるジャガーXEを共有してはいるものの、それ以外は殆どの部分で手が加えられている。

搭載される5.0ℓのスーパーチャージドV8エンジンは、ジャガー・ランドローバーの各モデルで共有するものではある。しかし最高出力は600ps、最大トルクは71.2kg-mまで高められ、ジャガーのロードカーとしては、過去最強のエンジンとなっている。

英国中西部の北ウェールズには、スノードニア国立公園が位置するが、剥がれやくぼみが目立つ、路面状況が良いとはいえない区間も多い。ジャガーXE SVプロジェクト8は明確に硬い乗り心地を示し、アスファルトの再舗装の必要性を感じられてしまった。現代の多くのパフォーマンス・モデルの場合、同じ路面であっても、ここまで厳しい乗り心地を味わわせてくれるケースは、かなり少ない。

その一方で広大な大地に伸びる、きれいに舗装された区間なら、シャシーの持つポテンシャルをしっかり味わうことができる。プロジェクト8がサーキット走行も前提とした、正真正銘のスポーツカーとして、優れたアジリティとボディコントロール性を備えていることに気づくだろう。

 
最新試乗記

人気記事