三つ巴スーパースポーツ対決 911ターボとライバルたち 前編 回顧録

2018.11.03

第三の選択肢、アウディR8 V10

何よりも現実的な話として、911ターボを買おうと思っていてそれを実行できる潤沢な資金があるのなら、GT-Rをその対抗馬として検討するということはまずありえない話だろう。

しかしアウディのニューモデルであるR8 V10に関してならば、検討してみる価値は十分にある。こちらの価格もおよそ2000万円で、しかも911ターボとGT-Rのどちらよりも出力で勝っており、しかも搭載しているエンジンはランボルギーニ・ガヤルドと同じもののデチューン版である。そして他のクルマと同様にR8も4WDであり、最高速度は315km/hに達し0-97km/h加速は4.0秒を切る実力である。

何よりもアウディが他の2台に対して自慢できるのは、本物のミドエンジン・レイアウトを採用した伝統的な本物のスーパーカーと言い切れる点にある。

フロントエンジンの日産やリアエンジンのポルシェに比べ、R8は着座位置もはるかに地面に近く、ルックスも格段にエキゾチックだ。ただリアシートを持たないので実用性の点ではポルシェに一歩譲り、まして4人分のしっかりしたシートと十分な容量のトランクを持つGT-Rとは、そもそも実用面では比較の対象にもならない。

しかしR8には、それを埋め合わせて余りあるだけのものがある。まず、何よりも段違いに魅力的なのがインテリアだ。アウディの車内は高品質感がしっとりとにじみ出る実にスタイリッシュなもので、これはGT-Rには全く欠落しているものである。

 
最新試乗記