三つ巴スーパースポーツ対決 911ターボとライバルたち 前編 回顧録

2018.11.03

日常の相棒となる1台は?

実はこの取材を始める前に、われわれはすでに2日間この3台を一般道で普通に走らせていた。そしてその間、時間が過ぎれば過ぎるほど、この3台の違いが明瞭になってきていた。

GT-Rの乗り心地は今までも常に問題とされてきた。しかも、ポルシェがターボをこれほどまでに見事に、日常での使用でのリファインを高めてきたので、GT-Rは今までになく騒がしいクルマと感じられるようになってしまった。

高速道路の途中で、アウディの落ち着き払った運転席からいきなりGT-Rに乗り換えたら、GT-Rの乗り味のがさつな荒っぽさに驚愕させられることになる。そしてそれと同様のことが、R8ほどの落差はないにせよ、911から乗り換えた時にも実感させられてしまった。

GT-Rのタイヤは高速道路の一定速巡航中に発するノイズが他の2台のものよりも際だって高く、またボディから発せられる風切り音もうるさく感じられ、そして乗り心地の質も、この3台で比較すると不愉快の一歩手前としか表現のしようがない。一方、911ターボはR8から乗り換えてもそれほど快適性という面で落差を感じずに済むようになった。これは、いかにポルシェがターボに対してリファインの面で改良をしかたという証拠でもある。

 
最新試乗記