三つ巴スーパースポーツ対決 911ターボとライバルたち 前編 回顧録

2018.11.03

公道での順位は確定

しかし実際には、その速さは他の2台のどちらに比べても引けを取ることはなく、たとえ両者が本気でかかってきてもほぼ対等に戦える。そして猛牛の血統を持つV10が奏でる強烈無比のサウンドは、ポルシェと日産が束になってかかってきてもまったく相手にならない素晴らしさだ。

というわけでキャッスルコームを目指して走っているうちに、議論はすでにほぼ収束へと向かいつつあり、そして順位はすでに確定しつつあった。全員が一致したところでは、R8こそが日常の伴としてもっとも愉快かつ快適な時を提供してくれるクルマであり、僅差でそれに続くのが大幅な改良を遂げた911で、そしてかなりの大差をつけられてGT-Rが3位ということで結論となりそうであった。

しかし視点を変えて、純然たる「乗ってどれだけ楽しめるか」だけを基準に評価するなら、R8は純粋な速さだけなら決して負けはしないものの、やはりGT-Rと911ターボのほうがR8よりも一歩前に出ることになるだろう。

価格という要因を抜きにして組み立てた公式では、キャッスルコームに到着する前にひとまず決定した順位は911ターボ、アウディR8、日産GT-Rというものであった。そしてこの後はストップウォッチでの厳正なるジャッジである。

 
最新試乗記