試乗記

2018.11.03

三つ巴スーパースポーツ対決 911ターボとライバルたち 後編 回顧録

ポルシェ911ターボ/日産GT-R/アウディR8 V10

バランスの取れたR8と911

その結果、GT-Rのウエットでのコーナリングはまるで綱渡りかのような神経を強いられることになる。これを何とかまともに走らせる唯一の方法は、2段か1段上のギアを選び、そしてスロットルを可能な限りスムーズに踏み、そしていつテールがスライドしても即座に対応できるよう常に心の準備をしておくことことしかない。

911ターボはそのまさに正反対で、驚くほど簡単に速く、そして快適にウエットのサーキットを走ることのできるクルマである。そしてその点では、どこまでテールスライドを維持できるか試したくなるクルマでもある。

この点はR8も同様だ。純然たるバランスという点では、R8がこの3台の中ではキャッスルコームのウェットコースを走るにはベストだろう。しかし、低速寄りのコーナーやふたつのシケインでは他の2台よりもフロントの食い付きが悪いのが惜しいところではある。

R8は熟成の行き届いた足回りで決して乗り手を怖がらせることがない。そしてウエットでそれが意味するのは、恐怖心を振り切って限界を極める必要など何もなく、ただ走ればそれで大いに楽しめるということである。

 
最新試乗記

人気コンテンツ