海外初試乗

2018.11.04

マクラーレン600LT 欧州縦断2200kmのドライブ ブダペスト〜ロンドン

マクラーレン600LT

編集部より

マクラーレン最新のロングテール「600LT」を操り、ブダペストからロンドンまでの2200kmを2日間で駆け抜けました。570Sをベースにセナ譲りの軽量化を施した600LTは、恐ろしいほどに速い一方で、快適さも兼ね備えていました。

もくじ

36時間、2200kmのドライブ
ブダペストを出発
セナ譲りの軽量装備
オーストリアのワインディングへ
恐ろしいほどの速さ
嵐のストレス 超高速走行も
B級路でも快適
マクラーレン600LTのスペック

36時間、2200kmのドライブ

6カ国にまたがる2200kmの曲がりくねったルートをマクラーレン600LTで駆け抜ける。しかしそうする前でも、わたしにはどんな感じのクルマなのか分かっていた。ひりひりするほど速く、驚くほど俊敏で、コーナリングも素晴らしい。そんな感じだ。

きわめて高性能のスポーツ・シリーズ・モデルについてわたしがまだ知らなかったことといえば、ブダペストからロンドンまで36時間運転した後、重たい気分ではなく本当に晴れ晴れとした安どの気持ちでキーを手渡すということだった。でもまだこれからの話だ。

火曜の朝8時、ハンガリーの首都。これから何が始まるのか。セラミック・グレーの600LTは暴力的なまでの機能美に満ちている。凝り過ぎの外観は好きにはなれないが、それは必然的にそうなっているのだ。カーボン製のウイングやフェンダー、ベントにはちゃんとした存在理由がある。

ベントは冷却用。ウイングやフェンダーは、リフトを発生させる車体下への空気の流れ込みを防ぎ、空気を上に導いてダウンフォースを発生させることが目的である。250km/hでは、570Sがリフトゼロなのに対して600LTでは100kgのダウンフォースが発生する。

next pageブダペストを出発

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ