海外試乗

2018.11.08

新型スズキ・ジムニー・シエラに試乗 海外の評価「イメージと実力に差」

スズキ・ジムニー・シエラSZ5 1.5

テスト日 : 2018年11月5日

価格 : 1万7000ポンド(251万円・予想)

文・サイモン・デイビス 


居心地は良いが、ウルサイ車内

走行パフォーマンスは高いとはいえず、走行ペースもさほど速くはないから、曲がりきれずに脱輪してしまうようなことはないだろう。しかも少し大げさなほど、トラクション・コントロールの介入も早く、強制的に感じられる。

頻繁に長距離を走る機会が多いドライバーにとって、ジムニーのパワートレインは物足りないものなはず。スピードや変速の忙しさはさほど問題ではないかもしれないが、洗煉製の部分では不満が残る。エンジンノイズが盛大に車内に届いてしまうのだから。

英国の高速道路での走行スピード、112km/hに達すると、エンジンは激しく回転し発生するノイズも盛大なものになる。車内全体に鳴り響き、共鳴する音の波が、鼓膜を打ち破ってしまうのではないかと心配してしまう。車内空間自体の居心地は悪くないから、かなり残念だ。

全高自体は1.7mとさほど高いわけではないが、シートポジションは高くランドローバーのようなコマンドポジションが取れ、視界も優れている。ボクシーなスタイリングのおかげで、全方向で視認性も良く、車両感覚もつかみやすい。インフォテインメントシステムを除いて、操作系はシッカリしており、扱いやすい。オフロードにおいて、運転しやすい環境にしようと努めていることは明確だろう。

ジムニーのホームグラウンドは、あくまでもオフロードなのだと、実感させられる。

next pageONとOFF、両方見なければわからない

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ