海外初試乗

2018.11.09

トヨタ・カローラ・ツーリング・スポーツ プロトタイプ初試乗

トヨタ・カローラ・ツーリング・スポーツ2.0ハイブリッド

編集部より

トヨタ・カローラのハッチバックをベースに全長を拡大したエステート版「ツーリング・スポーツ」のプロトタイプに試乗しました。ファミリーユース向けに十分な荷室を確保しながら、ハイブリッドによる良好な走りと燃費を両立しています。

もくじ

どんなクルマ?
ハッチバックをベースに開発

どんな感じ?
十分な荷室を確保
良好なパワートレイン
内装も文句なし

「買い」か?
価格、装備の発表待ち

スペック
トヨタ・カローラ・ツーリング・スポーツ2.0ハイブリッドのスペック

どんなクルマ?

ハッチバックをベースに開発

5300万ポンド(79億円)と40万時間。これはトヨタがカローラ・ハッチバックをベースにツーリング・スポーツを開発するのに要した費用と時間だ。縮小傾向にあるものの依然として大きな割合を占める欧州でのエステート需要を満たすために適切な支出なのだろうか。

このプロジェクトには最大で60人のフルタイムメンバーが参加していた。ドイツ・ケルンにある欧州スタイリング・オフィスでデザインが作られた。

トヨタはこのモデルを「家族の楽しみ」を実現できるクルマにすることが目標であった。つまり、アウトドアを含む若い家族のあらゆるニーズに応えられる必要があるのだ。

したがって、まずは広い荷室が必要だ。さらに、大人用自転車などの積載性も確保する必要がある。このため、ハッチバックよりも全長を283mm延長した。そしてホイールベースも60mm延長し、リアシートの居住性を向上させている。

next page十分な荷室を確保

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ