オンボロのマイクラ(マーチ)で挑む草耐久レース 敵を巻くか、煙に巻かれるか 

2018.11.11

3時間を無事に走破

スタート直後の走りはこんな感じでひじょうに楽しかったのだが、硬く乾いた洗濯板のような地面にこれでもかと揺さぶられつづけていると、いつクルマが音を上げるか気が気でならない。

ということで、15分ほど走ったところでピットにもどり、アダムとバトンタッチした。

だがわれわれの心配をよそに、マイクラは走りつづけた。アダムにつづいてロブもけっこう長い区間をこなし、ふたたびわたしに順番が回ってきた。

もはや車内は土ぼこりだらけで、前のクルマにうっかり近づこうものなら1,2秒は土煙で視界がゼロになる。それでも、続々とトラブルをおこしてピットにもどってくるほかのクルマを尻目に、ちっぽけなマイクラは依然としてブンブン元気に頑張りつづけている。

なぜだかわからないが、とにかくいい調子だ。これなら上位10番以内に入れるかもしれない。

結局、みんな順番は2回ずつまわった。いよいよ残り時間がなくなってきたところで、わたしがゴールラインを踏むべく3度目のステアリングを握り、3時間にわたるレースを無事に完走することができた。

 
最新試乗記