[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

初試乗 アウディA1 モデルチェンジ、ライバルはミニ 高めたデザイン性

2018.11.23


余裕の出た後部座席とラゲッジルーム

手や肘で触れるような部分の仕上げも良くなく、正直、少しがっかりさせられる。ダッシュボードの上面は、柔らかく加工された素材が用いられており、防音効果やフロントガラスへの映り込みの軽減には繋がっているとは思うが、触れることはない部分だったりする。

オーディオ関連の操作はすべてセンターのタッチモニターで行うようになり、オプションでモニターのサイズは一回り大きくすることも可能。操作を補助する物理的なコントローラーは備わらないから、モニターは大きい方が良いかもしれない。ただ、小さな画面でも手持ちのスマートフォンと連携すれば、さほど問題になならないかもしれない。

先代よりも94mm長くなった、2563mmのホイールベースのおかげで、後部座席も広くなり、普通の大人が腰を掛けても快適だ。ラゲッジスペースも後部座席を活かした状態で335ℓ、折りたためば1090ℓと、充分な容量が確保されている。ちなみにこれはミニよりも大きい。サスペンションも、コンパクトさが売りのトーションビーム式がリアには採用されている。フロントは、ストラット式となる。

SEグレードかスポーツグレードを選択すれば、ダイナミクス・サスペンションが装備され、Sラインにはスポーツ・サスペンションが組み合わされる。2.0ℓエンジンを搭載する40には、アダプティブダンパーが標準装備となる。今回試乗した1.0ℓと1.5ℓのふたつのグレードには、オプションとなるスポーツサスペンションが装備されていた。

 
最新試乗記