新型プジョー508 SW試乗 スタイル自慢のステーションワゴン 走りも好印象

2018.11.28


どんな感じ?

改善したiコクピットに広い荷室

クルマには価格相応の華やかさがあり、視覚的にも魅力的。アピアランスは、基本的にサルーンと同じだが、ボディスタイルからはそれ以上にワクワクするような印象を受ける。プジョーのiコクピットは、従来の運転環境を進化させる目的で導入されたが、208や3008のものは、やや高い着座位置に、小径のステアリングホイール越しのインストゥルメントパネルが不自然な感じが拭えなかった。しかし508では良くなったようだ。

運転席やステアリングコラムの調整しろは充分にあり、座面の高さも上記のモデルよりもしっかり低い位置に固定できる。やや細身のステアリングホイールのおかげで、12.3インチのデジタル・インストゥルメントは視認しやすい。計器のグラフィックデザインも美しいうえに読みやすく、大きな不満は感じられない。

またGTライン・グレードのモデルの場合、インテリアデザインのバリエーションも不足ない。あまり触れる場所ではないが、センターコンソールやダッシュボードの化粧パネルには、高級感のあるウッドパネルも選択ができる。

ルーフラインの変更で全高が高くなった分、リアシートのヘッドルームにもさらに余裕が出て、快適性も増している。上半身に関しては、かなり身長の高いひとでも不快に感じることはないだろう。ただし、レッグルームは特に伸ばされてはいないからご注意を。サルーンも広々ということはなかったけれど、それはステーションワゴンでも同じ。しかし、子供が2〜3人いるような家庭なら、508 SWの方が、より使いやすいことは間違いないだろう。

 
最新試乗記