新型プジョー508 SW試乗 スタイル自慢のステーションワゴン 走りも好印象

2018.11.28


「買い」か?

引き立つステーションワゴンとしての魅力

そもそも508のサルーンが気に入っていたわたし。もちろん、ステーションワゴンもお気に入りの仲間入りだ。何より、その躍動感のあるデザイン、佇まいが素晴らしい。

508 SW以上に、オールマイティで、ダイナミクス性能にも優れたステーションワゴンは存在するし、もっと手頃な価格設定のモデルも存在する。また間もなく登場するであろう、新型BMW 3シリーズのツーリングも、かなり期待できる存在ではある。

それでも、アウディA4アバントやメルセデス・ベンツCクラス・エステートなどのモデルと比較してみても、プジョー508 SWの魅力は、引き立って見えるのだった。

プジョー508 SW ピュアテック180 GTラインのスペック

価格 3万2830ポンド(485万円)
全長×全幅×全高 4778×1859×1420mm
最高速度 225km/h
0-100km/h加速 8.0秒
燃費 18.5km/ℓ
CO2排出量 111g/km
乾燥重量 1460kg
パワートレイン 直列4気筒1598ccターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 180ps/5500rpm
最大トルク 25.3kg-m/1650rpm
ギアボックス 8速オートマティック

 
最新試乗記