海外試乗

2018.11.30

新型アウディA1スポーツバックに試乗 英主力「30 TFSI」

アウディA1スポーツバック30 TFSIスポーツ

テスト日 : 2018年11月22日

価格 : 2万10ポンド(296万円)

文・マット・ソーンダース 

編集部より

アウディのAセグメントモデルは、中間グレードでも比較的強気の価格設定となっています。価格に見合った装備を得ていることは間違いないものの、プレミアムコンパクトとして、及ばない部分もあるとするテスター。英国の主力グレードと見込まれる30 TFSIに、英国で試乗しました。

もくじ

どんなクルマ?
英国の主力は115psの30 TFSI
どんな感じ?
好みが分かれるデザインコンシャス
固めの脚ながら優れた洗練性
アウディらしい角の取れた走り
「買い」か?
コンパクトがゆえに欲しい特徴
スペック
アウディA1スポーツバック30 TFSIスポーツのスペック

どんなクルマ?

英国の主力は115psの30 TFSI

アウディの2代目に生まれ変わったプレミアムAセグメントモデル、A1スポーツバック。何週間か前に海外で試乗したばかりだが、早速英国でも試乗する機会を得た。今回の試乗車は、中間グレードでもやや下の位置づけとなる、115psを発生する30 TFSI。英国の場合は主力となるグレードと見込まれており、多くの読者にとっても参考となるはず。トランスミッションは6速マニュアルで、固定式のサスペンションに16インチのアルミホイールを装備した、スポーツグレードとなる。

マット・プライヤーによるレポートは読まれていると思うから、Sラインについて改めて書く必要はないだろう。付け加えるなら、新しいミニのライバルには、よりパワフルでエキサイティングな、特別バージョンといえるグレードの設定がある。

Sライン・グレードの場合、よりアグレッシブなアピアランスになり、より固められたサスペンションに、大径ホイールが装備されるのは前回の通り。そのSラインには、さらに細分化されたグレードがあり、他のアウディのモデルにはない設定がされているのだ。

まず、18インチのブロンズカラーのホイールに、ブロンズカラーのボディトリム、スモーク仕様のヘッドライトを備えるのが、Sライン・スタイルエディション。目を覚ますようなビビッドな配色の、黄色いボディに黒いボディトリムが組み合わされるのが、Sライン・コントラスト・エディション。そしてSライン・コンペティションには、200psの2.0TFSIエンジンに、調整式のダンパーと赤く塗装されたブレーキキャリパーが装備される。

Sライン・コンペティションに装備される調整式ダンパーは、アダプティブダンパーではない。しかし、おそらく今もベストな状態に調整は続けているはず。ドライバーが選択可能な、数種類のバルブセッティングが備わると思われ、現行のフォルクスワーゲン・ポロGTIに似た仕様になるだろう。

ただし、これらのスペシャルグレードを希望する場合、少なくとも2019年の2月下旬か3月までは、待たなければならないのだけれど。

それでは、Sラインではない、標準のA1スポーツバック30 TFSIスポーツの試乗と行こう。

next page好みが分かれるデザインコンシャス

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ