海外試乗

2018.12.02

ロードテスト アウディA6アバント ★★★★★★★★☆☆

アウディA6アバント40 TDI Sライン Sトロニック

テスト日 : 2018年11月14日

価格 : 4万740ポンド(602万円)

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

意匠と技術 ★★★★★★★★☆☆

アウディのエクステリアデザイナーは、力強い筋肉質な質感と、洗煉されたハンサムな雰囲気を、上手に掛け合わせるバランス感覚を備えているのだろう。ジャガーXFスポーツブレークも極めて美しいクルマだが、最新のA6アバントも、プレミアムクラスという枠を超えて、現在市場に流通しているクルマの中で最も均整の取れたエステートモデルだと思う。反面、近年のアウディ流の美しさにやや依存している印象もあり、新しいものに触れたという、心を揺さぶられる感覚には乏しい。

A7やA8と同様に、A6も大型化された8角形のフロントグリルを備え、フロントエンドはより全幅が大きく見えるように強調され、バイエルン地方のワゴンにふさわしい佇まいだ。A7のフロントグリルのように横に長い形状でないのは、モデル間での競合を避けるためだと思われる。アウディの大型エグゼクティブ・クラスの中では、ファストバックモデルのA7の方を、よりアグレッシブでスポーティな性格付けとしているのだろう。

全体のスタイリングではエレガントさが漂う。緩やかに傾斜するルーフラインは、強く傾斜のついたトランクリッドへと流れていく。全長は4.94mにも達し、車体のサイズも大きくなっていることもあって、アウディは車内空間は損なわれていないと主張している。

ブリスターフェンダー状の処理が施されたホイールアーチは、アウディ・クワトロへの控えめなオマージュ。テスト車両に装備された20インチのホイールもサラリと履きこなす。クルマの後部で目を引く新しい部分は、新しいテールライトと、それを左右で結ぶクロムメッキのトリム。総じてA6のエクステリアデザインは、若干コンサバティブなところもあるが、効果的で魅力的だと思う。

エントリーグレードとなる40TDIのエンジンは、やや大人しい203psを3750rpmから4200rpmで発生させ、最大トルクは1750rpmという低回転域から40.7kg-mを生み出す。パワーは7速デュアルクラッチATを介して、前輪のみへ伝えられる。マイルドハイブリッド・システムを搭載しているおかげで、54km/hから159km/hまでの走行スピードなら、負荷の少ないコースティング時にエンジンがアイドリング状態となり、燃費を向上させてくれる。

また、ベルト駆動されるオルタネーター・スターターモーターが減速時には最大で5kWの電力を生み出し、車両後部に搭載された12Vバッテリーを充電。スロットルを深く踏み込むと、蓄えた電力でモーターが回り、エンジンをアシストする。

サスペンションは前後ともに5リンク式で、テスト車両にはスチールコイルに、オプションとなるアダプティブダンパーが装備されていた。車高が下がるスポーツサスペンションや、エアサスペンションも選択は可能だ。

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

 
最新試乗記

人気コンテンツ