海外試乗

2018.12.02

ロードテスト アウディA6アバント ★★★★★★★★☆☆

アウディA6アバント40 TDI Sライン Sトロニック

テスト日 : 2018年11月14日

価格 : 4万740ポンド(602万円)

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

使い勝手 ★★★★★★★★☆☆

テスト車両には1495ポンド(22万円)のオプションとなるテクノロジー・パッケージが装備されており、アウディMMIナビゲーション・プラスというインフォテインメントシステムが搭載されていた。中身としては数ヶ月前にテストしたA7のものと同じユニットで、上部が10.1インチ、下部が8.7インチの2面のモニターで構成されている。

上部のタッチモニターで、ナビゲーションシステムやクルマのセッティング、電話など、インフォテインメントシステムの主な機能を操作できるようになっている。下部モニターは主にエアコンの設定で使用する。グラフィックの出来は美しく見た目は良いが、A7でも経験したように、気になる点もある。

ダッシュボード中央のモニターは、位置的に操作しにくいうえ、操作するには、かなりの力でタッチする必要がある。ただ、操作時のフィードバックの反応音に関しては、悪くない。

視界

前方視界は良いが、強く寝かされたリアウインドウの影響もあり、後方視界はやや劣っている。

燈火類

Sラインのグレードには、マトリックスLEDヘッドライトが装備され、オートハイビーム機能も付いてくる。スポーツモデルの場合は、標準のLEDヘッドライトとなる。

ステアリングとペダル

シートに対してステアリングホイールは中心に取付けられ、自然な体勢で運転が可能。ペダルの位置も適正だ。

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

 
最新試乗記

人気コンテンツ