新型BMW 3シリーズ 320d(G20)に初試乗 フルモデルチェンジ 走りは健在

2018.12.14


注目の「リフト・リレーテッド」ダンパー

このボディ構造のおかげで、シャシーエンジニアは、3シリーズのルーツ通り、スポーティなダイナミクス性能を与えることが許された。トレッドを広げ、スプリングレートを強め、サスペンションマウントも剛性の高いものを採用。すべてのグレードで、フロントタイヤのキャンバー角も従来より寝かされている。

G20型で大きなイノベーションともいうべきものが、すべての3シリーズに標準装備される「リフト・リレーテッド」と呼ばれる機能を持ったダンパー。ダンパー内部にリザーバータンクのようなものを備え、激しいコーナリング時などホイールトラベル量が大きくなった時に、減衰力を高める機能を持っている。また路面の小さな起伏に対しては、より滑らかに処理させることも可能で、サスペンション全体の処理能力を高めている。ちなみに、追加費用でアダプティブダンパーも選択は可能だ。

その「リフト・リレーテッド」ダンパーの効果は極めて良好で、期待が持てる。特に突っ張ったり減衰力が強すぎたり、という感覚はないものの、ドイツ製のサルーンの平均と比較すると、乗り心地は硬めなようだ。

新しい3シリーズは来年の3月に登場する予定で、英国の場合、エンジンのラインナップは5種類。150psのディーゼルターボ・エンジンを積む318dから、258psのガソリンターボ・エンジンを積む330iまで。トップグレードとなるM340i xドライブと、プラグイン・ハイブリッドの330eの登場は、2019年末まで待たなければならなそうだ。

 
最新試乗記

人気記事