海外試乗

2018.12.31

ロードテスト トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)GRMN ★★★★★★★☆☆☆

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)GRMN

テスト日 : 2018年3月28日

価格 : 2万6295ポンド(381万円)

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

使い勝手 ★★★★★★★☆☆☆

ヤリスGRMNが搭載するインフォテインメント・システムは、7.0インチモニターを採用したトヨタ・タッチ2と呼ばれるシステム。ナビゲーションのほか、デジラルラジオ、ブルートゥースとUSBを用いたスマートフォンとの接続機能を備える。グラフィックは特に綺麗というわけでもなく、反応も素早いわけではないが、操作は比較的簡単に行えるところが美点。

多くの自動車メーカーとは異なり、トヨタはインフォテインメント・システムの操作系をタッチ・モニターに統合せず、モニターの周辺にも物理的なボタン類を残している。触り心地に特徴はなくても、システムのサブメニューの操作には非常に有用で、特に運転中の操作はしやすい。

6スピーカーを内蔵したサウンドシステムを採用するが、音質は良いとはいえず、ボリュームを上げると音が歪んでしまう。エンジンのサウンドトラックが魅力的だから、オーナーの殆どはさほど気にしないだろう。ラゲッジスペースの広さは、一番狭い部分で幅が890mm、奥行きが600mm、高さがトノカバーを下げた状態で490mmとなっている。

視界

街なかでの運転がしやすいヤリスだから、GRMN仕様になっても前後視界ともに、特に懸念される部分はない。

燈火類

標準でヘッドライトはハロゲンライト。これほど俊足を持ったクルマにも関わらず、明るさも見通しも良いとはいえない。LEDヘッドライトは標準装備で欲しいところ。

ステアリングとペダル

ABCペダルともに、滑らかにヒール&トウをするには間隔が開きすぎている。ステアリングコラムのテレスコピックの調整幅は不足気味。

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

 
最新試乗記

人気コンテンツ