[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

公道はおまけ? サーキットマシン対決 M3 GTS対911 GT3 RS 回顧録

2019.01.03

100字サマリー

BMWがサーキットに的を絞って送り込んだM3 GTSを、同じくサーキットを主戦場とするポルシェ911 GT3 RSと対決させました。結果はあらゆる面においてポルシェがBMWを上回るという厳しい現実が明らかとなりました。

もくじ

圧倒的な動力性能差
約300万円の価格差は
全個体がオレンジに
パワーアップと軽量化
明らかにスパルタン
サーキットを意識したエンジン
良好なステアフィール
すべてにおいて上回るポルシェ
フィーリングでGT3 RSの勝利

圧倒的な動力性能差

現実は非常に厳しい。最初からこんなことを書いてしまうとこれからこの記事を読もうとしている読者諸氏の期待を削いでしまうかもしれないが、しかし現実は本当に厳しかった。

皆さんが今、実際にBMW M3 GTSのステアリングを握っているとしよう。タコメーターの針は8400rpmのレブリミットぎりぎり手前のところを前後し、エグゾーストサウンドはまさに鼓膜を破らんばかりに強烈そのものだ。

けれどM3に乗る貴方のこめかみの血管はひくひくしているだろう。ポルシェ911GT3 RSが背後にぴったりと、しかも平然とついてきているからである。

GT3 RSがGTSを直線で完全に圧倒したのは、実に言いづらくはあるが、まったく偽りない事実である。特に中速域でのトルクに比較にならないくらいの強烈な差があるため、GTSのドライバーはGT3 RSが地平線の彼方に消えて行くのをなす術もなく見送るしかない。

 
最新試乗記