公道はおまけ? サーキットマシン対決 M3 GTS対911 GT3 RS 回顧録

2019.01.03

良好なステアフィール

ステアリングも同様にとてもフィールがいい。操舵力を加え始め、そしてアウト側のフロントタイヤに荷重がかかり始めたときの感触は、誠にもって甘美である。ノーマルのM3では、ステアリングが手応えを失う独特の瞬間があった。

ノーズのは正しい方向を指しているのに、目で確認しなければ本当に思ったとおりに進んでいるのかがわからないという瞬間である。それがGTSではステアリングホイールから過剰とも思えるほどの情報が伝達されてくるので、フロントタイヤにどれだけ荷重がかかり、そしてどれだけグリップしているのかを、正確に感じ取ることができる。

もしかすると昼食のあいだに舗装が新しくされたとしてもこの感触でわかるのではと思えるほどにフィードバックは細やかであり、ステアリングへの入力に対する反応にも同じく一体感がある。

こうした収穫を得てGTSから降りたときには、ある種の充実感を味わえたと実感しているはずだ。「これならば2300万円を支払うだけの値打ちはあるだろう」と確信するのが当然だ。

 
最新試乗記

人気記事