公道はおまけ? サーキットマシン対決 M3 GTS対911 GT3 RS 回顧録

2019.01.03

すべてにおいて上回るポルシェ

ひとつ残念なところを挙げるとすれば、マニュアルトランスミッションの選択肢がないことだ。古臭いギアシフトの興奮を味わいたい個人的趣味と言われるかもしれないが、やはりあってしかるべきだとも思う。

もっとも、パドルシフト式デュアルクラッチトランスミッションの変速時間やスムーズさには文句のつけようはなく、これはこれで素晴らしい出来である。総合的に考えて、GTSは運転していて胸の高まりを感じさせてくれる、感嘆に値するクルマであり、絶対的な評価として運転していて「素晴らしいクルマ」であることは間違いない。

GTSにとっての不幸は、GT3 RSに乗り換えて同じ道を走ればさらに速いだけでなく、ステアリングから伝わるフィールはいっそう豊かで、しかもストレートで感じるエンジンのパンチははるかに(正確には比較にならないほど)優っているという結論にしか、おそらく誰であっても到達し得ない点だ。

今回の場合には、GT3 RSが「別物の911」であることなど問題にすらならない。真実は残酷だが、BMWができるすべてをポルシェはよりうまくやってのけるのだ。

 
最新試乗記

人気記事