試乗 VWポロGTI ミニJCW/ルーテシアR.S.への切り札は? 新価格348万円

2019.01.05

どんな感じ?

0-100km/h加速 6秒台の争い

動力性能は掛け値なしにパワフルだ。カタログ値でいうと、たとえばポロGTIの0-100km/h加速は6.7秒で、ルーテシアR.S.(のノーマル)とまったく同じ数値となる。

ただ、これはあくまで全開加速の性能であり、われわれが頻繁に使う過渡域でのパンチ力やピックアップは、排気量が大きいGTIが明らかに上回る。また、ミニJCWのそれは6.1秒だが、体感的には字面ほどの差はない。というわけで、ポロGTIとミニJCWがこのクラスで動力性能で印象を残す双璧といっていい。

新型ポロGTIにはドライブモードセレクターも追加された。これはパワステやパワートレイン、エンジン音、ACCやエアコン制御などを一括で切り替える機能で、VWでもゴルフ以上の上級モデルでおなじみのアレだ。

日本仕様のポロGTIではその切り替え項目にサスペンションのダンパー設定も含まれるが、それはゴルフ以上で使われるアダプティブ連続可変ダンパー(VWでいうDCC)とは異なり、ノーマルとスポーツの2段階切り替え式で選んだ減衰力で固定されるタイプである。

 
最新試乗記