海外試乗

2019.01.05

ロードテスト メルセデス・ベンツXクラス ★★★★★★★☆☆☆

メルセデス・ベンツXクラス X250D プログレッシブ 4マティック

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

内装 ★★★★★★★★☆☆

プレミアム・ピックアップ・トラックと聞くと実感が湧きにくいものの、Xクラスの車内は、品質の面でも仕上がりの美しさでも、ライバルを凌駕する水準を得ている。

間違いなく、実用主義的なレイアウトには変わりないものの、日産ナバラとの関係性を上手に覆い隠すように、メルセデス・ベンツはXクラスの内装を仕立てている。ひとつひとつのスイッチ類は大きく、ダッシュボードやドアパネルには、プラスティックが目立つけれど。

クロームメッキされた、Xの形状をしたエアベントのフィンが車内空間の雰囲気を引き立て、7インチのインフォテインメント・システム用モニターがダッシュボード上部に美しく据えられる。細かいパターンが施された大面積のダッシュボードパネルが、車内下部で目立つプラスティック製の部品へ視線が向かないように、上手に誘導しているように思う。

Xクラスの車内空間は、最もライバル関係にあるであろう、ナバラやアマロックと比較しても明らかに視覚面で魅力的だが、決して機能性や耐久性を犠牲にしているようにも感じられない。汚れやすい主要な部分は丈夫そうな素材で覆われているから、たとえ泥だらけの長靴で乗り込んだとしても、汚れがこびりつくこともなく、掃除も簡単に済みそうだ。

ボディはダブルキャビンということもあり、大人5名分のシートが備わり、車内空間は使いやすい広さがある。後部座席の背もたれの角度が垂直気味だが、ルーフラインは車体後方に向けて高くなっているから、頭上空間にも不足はないだろう。

膝周りの空間も妥当なもの。通常の車より座面が低い位置にあり、膝の裏が座面から離れてしまうひともいるはず。しかし、これはどのピックアップトラックでも共通するものではある。

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

 
最新試乗記