海外試乗

2019.01.05

ロードテスト メルセデス・ベンツXクラス ★★★★★★★☆☆☆

メルセデス・ベンツXクラス X250D プログレッシブ 4マティック

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

結論 ★★★★★★★☆☆☆

ピックアップとしてはベストではないものの、しっかり「メルセデス」を感じ取れる

メルセデスとしては、Xクラスを小型商用車ではなくGLCのようなプレミアムSUVとして、ひとつのトレンドを生み出したいと考えているのだろう。そうすることで、業界を牽引する販売台数も見込めるからだが、AUTOCARとしても、納得できなくはない。

日産ナバラをベースにしているものの、実用性を一切犠牲にすることなく、遥かに洗練された独自性を獲得している。特にリアサスペンションの仕上がりは素晴らしく、ピックアップ・トラックとして、一般道での洗練性の新たな基準を作り出した。ダブルキャブの車内は広々としており、実用性の高さと、質感の高さを両立させている。

世界各国で大きなニーズがあるクルマだとは思えないものの、高級なピックアップ・トラックを求めているひとにとっては、非常に魅力的なモデルが登場したと感じられるだろう。

惜しむらくは、日産が供給しているディーゼルエンジン。ガラガラとした音で主張しがちで、メルセデス・ベンツに期待する水準には至っていない。また、ハンドリングもピックアップ・トラックとしては素晴らしいが、一般的なSUVのそれではなく、あくまでもピックアップ・トラックの範疇での評価に留まってしまうのだった。

担当テスターのアドバイス

サイモン・デイビス

標準装備されるリアビューカメラは、駐車する際に重宝する。ただし、Xクラスの7インチモニターに表示される物体の距離感がつかみにくく、映像以上に実際はかなり至近距離まで接近していて、困惑した。

リチャード・レーン

これまでにないほど洗練されたピックアップ・トラックであることには違いない。しかし、メルセデスのプレスリリースには、50ℓのビール樽が17本も積めることにも、こっそりと触れていた。もちろん、商業利用も不可能ではないのだ。

オプション追加のアドバイス

標準装備のインフォテインメント・システムは少し残念な仕様だが、それ以外の面ではX250dの装備は充実していた。1098ポンド(15万円)の360度モニターは、利便性が高い。もし資金に余裕があるのなら、メルセデス・コマンド・オンライン・インフォテインメントも2670ポンド(38万円)で選んでおきたい。

改善してほしいポイント

・パワートレインをもっと洗練させてほしい。
・スマートフォンや鍵などを置ける、小物入れが車内に不足している。
・小石などを跳ね上げた音が車内に響くのは改善した方がいいだろう。

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ