海外試乗

2019.01.16

試乗 レクサスRC300h マイナーチェンジ 物足りぬパフォーマンス

レクサスRC300h

テスト日 : 2019年1月11日

価格 : 4万5800ポンド(632万円)

文・ローレンス・アラン 


「買い」か?

ハイブリッドだけでは物足りない

レクサスRCは依然として、あたかも積極的に運転されることを拒んでいるかのように、パワートレインやダイナミクス性能の鋭さで不足しているが、大目に見る必要もある。スタイリッシュなクーペでありながら、経済性や環境性能は優れており、マーケットでも独自のポジションに位置している。15.9km/ℓという好燃費も、現実的なものだ。

また、優れた環境性能のおかげで、通常のガソリンモデルやディーゼルモデルと比較すると、税金面での優遇も小さくはない。会社から貸与されるカンパニーカーなどではメリットとなる。しかし、プライベートで乗る場合、その経済性のトレードオフとして、イニシャルコストに出鼻をくじかれることになる。RCはベースグレードでも3万8000ポンド(524万円)を越え、ドイツ勢のライバルと比較すると、数千ポンド(数十万円)ほど高く設定されているのだ。

エントリーグレードの標準装備を見比べると、RCの価格設定もうなずけなくはない。でも、4万6000ポンド(634万円)に迫る価格となる今回のテスト車両、トップグレードの「タクミ」の場合は特に、同価格帯のライバルが持つパフォーマンス性能を比較してしまうと、その魅力は霞んでしまうのだった。

レクサスRC300hのスペック

価格 4万5800ポンド(632万円)
全長×全幅×全高 4695×1840×1395mm
最高速度 189km/h
0-100km/h加速 8.6秒
燃費 16.8km/ℓ
CO2排出量 114g/km
乾燥重量 1775kg
パワートレイン 直列4気筒2494cc+電気モーター
使用燃料 ガソリン
最高出力 223ps/6000rpm
最大トルク 22.3kg-m/4200-5400rpm
ギアボックス CVT

 
最新試乗記

人気コンテンツ