BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.01.17

初試乗 ポルシェ911(992)カレラ4S 着実な進化 普遍のポルシェ像

ポルシェ911カレラ4S

テスト日 : 2019年1月16日

価格 : 9万8418ポンド(1358万円)

文・マット・プライヤー 


ハンドリングは4Sよりも2S

ドライブモードやダンパーの硬さに関係なく、走行性能は秀逸。ステアリング操作も心地良い。フロントの荷重が比較的軽いから、パワーステアリングのアシスト量も少なくて済み、ライバルモデルと比較してステアリングホイールに伝わってくる情報のフィルタリングも容易なはず。価格帯が異なるマクラーレン570を除いて、白眉のできだといえるだろう。

ここで触れておきたいのが、四輪駆動の4Sよりも、後輪駆動の2Sの方が、ハンドリングで勝っているという点。トルクステアのようなものはまったくないのだが、鮮明性や純粋さ、スムーズさや一貫性という点で、2Sの方が上手だ。

4S、2Sともに回頭性は高く、フロントのトレッド幅が広げられたことで、フロントタイヤの信頼感も一層高められている。しかし、一般道で許されるような速度域でも、2Sの方が俊敏性で優れていることは明確にわかる。理由のひとつに、2Sの方が50kgも軽量なことも大きな要因だ。またカレラ2Sでも、450psの力を持て余す問ことはない。むしろ、調整しろが大きく運転する楽しみも豊かだと思うから、気候的な理由など必要条件で四輪駆動を選ばなければならない以外、2Sの方をオススメする。

最後に、ドライブモードにはウェットモードが備わっている。フロントタイヤのホイールアーチ内に取り付けられた超音波センサーによって、路面の水の量を賢く判断することが可能だ。しかし、基本的に高性能なトラクションコントロール・システムによる制御が入っており、四輪駆動モデルの場合はフロントタイヤのトラクションがクルマを支えてくれるから、気に留めるほどのモードでもないと思う。

 
最新初試乗

人気コンテンツ