海外試乗

2019.01.25

回顧録 スーパーカー対決 フェラーリ458 vs マクラーレンMP4-12C 前編

フェラーリ458/マクラーレンMP4-12C

編集部より

マクラーレンが送り出したMP4-12Cを迎え撃つのは、歴史も知名度も、そして実力も世界イチとの誉れ高いスーパーカー界の巨人、フェラーリの最新ミドシップモデル、458イタリアです。ガチンコ対決特集のトップに相応しいこのバトルを振り返ります。

もくじ

F1因縁の対決
スペック上の差は小さい
抜群の乗り心地
毎日使えるスーパーカー
マクラーレンが誇るカーボンタブ
その気にさせる458

F1因縁の対決

(AUTOCAR JAPAN誌99号の再録)

わたしたちはまず、ウォーキングにあるマクラーレン本社を訪れた。もちろん、テスト車両を借り受けるためだ。目の前に置かれたこのクルマのルックスについて、今さらくどくど説明するつもりはない。彼らはその分野において間違いなく成功した。そこに疑いの余地はない。

MP4-12Cのシャシーは、カーボンコンポジット素材のタブを中心に構築されている。これはレースマシーンもロードカーも問わず、過去30年に渡りマクラーレンが産み出したすべてのクルマに共通するエレメントだ。

ここにミドシップマウントされる3.8ℓV8ユニットは、2基のタービンとフラットプレーンクランクシャフトが組み込まれ、600ps/61.1kg-mという、驚異的なアウトプットを誇る。もちろん、このクラスにあっても随一の高性能だ。F1界で名を馳せるトップコンストラクターとはいえ、市販スーパーカーの世界では経験の少ない寡作のマクラーレンが、スペック上はカテゴリーのトップに立ったのである。

となると、この世界の王者たるフェラーリは、その名声の上に胡坐をかいていたがゆえに先行を許したのでは、と疑いたくもなるが、458イタリアに触れれば、そんな疑念は消し飛ぶだろう。

 
最新試乗記

人気コンテンツ