海外試乗

2019.01.25

回顧録 スーパーカー対決 フェラーリ458 vs マクラーレンMP4-12C 後編

フェラーリ458/マクラーレンMP4-12C

編集部より

公道上ではもはや458とMP4-12Cに速さの差はありません。コーナリングが気持ちよく、どこを走っても楽しい458に対し、速さを突き詰めた結果乗りこなしが難しくなってしまったMP4-12C。ロードカーとしては458の勝利といえそうです。

もくじ

公道上では走りに差なし
常に楽しめるフェラーリ
ハンドリングを評価
コーナーでも気持ち良い458
MP4を乗りこなすにはスキルが必要
ロードカーとしては458が優位

公道上では走りに差なし

マクラーレンの乗り心地は、ひどい山道でも、まるで滑らかな高速道路を走っているかのように上々。最悪な路面状況でも滑るように走る様は、ロータスのお家芸を見るかのようだ。また、フラットなボディとパワーステアリングはひどいノイズだけを打ち消すフィルターとなると同時に、流れるような走り味をもたらしてくれる。

ただし、例の突き上げはここでも変わらず、特にサスペンションに荷重がかかった状態で段差を越えた際などは、ステアリングをキックバックが襲った。それでも、MP4-12Cが非の打ち所がないほど落ち着いた、それでいて速いクルマだという事実が揺らいだわけではない。

もっとも、そのことにもさほど意味はない。確かにマクラーレンは、世間が思うライバルより速いクルマを作り上げた。100km/h到達タイムの0.2秒というアドバンテージは、スペックマニアにとっては大きい。けれども、公道上でその差を確認できるドライバーは、はっきり言ってまともな神経の持ち主ではない。

ましてや、最高速チャレンジで相手を置き去りにするようならば、もはや犯罪の域だ。皮肉ではない。これは事実だ。より優れたロードカーの条件は、なによりも速いことではない。いかにひとを魅了し、ドライブして気持ちいいか、この1点のみなのだ。

 
最新試乗記

人気コンテンツ