長期テスト トヨタ・ミライ(最終回) 英編集長が語るFCVの将来

2019.01.25

普及には時間も

JH「でも一度でも体験したら、あのグダグダならんだ注意書きはいったい何だったんだということになるんだね。実際は水素の補給よりもカードをスワイプする支払いのほうがややこしいくらいだったんだけど、まあみんなはじめは新しいことを怖がるものだからね」

SC「そう。はじめはみんなHFCVを怖がっていたことを思えば、ここまで進んだのが不思議なくらいだよ。変速機もない単純な電動動力系は普通のバッテリー駆動のEVと同じだけど、補給はふつうのガソリンスタンドと同じように3分で済むし、700気圧の水素5kgの満タンでミライなら450km近く走れる。宇宙時代の話みたいだけど、もう現実なんだからね」

JH「みんなそれを見落としているのが、ゆゆしき問題だね。補給のやり方も直観的で、いままでとなんら変わりない。新しく覚えることだって何もないし、おまけにあっという間に満タンだ。それにもちろん、ポンプを使って補充するということは課税もしやすいわけだし」

SC「いまのところコストについては実験的なところもあるけど、HFCVがある一定レベル普及するまではたぶんそうだろう。まだ補給施設も限られるから、あと数年はこのままだろうね」

 
最新試乗記