海外試乗

2019.01.25

長期テスト トヨタ・ミライ(最終回) 英編集長が語るFCVの将来

トヨタ・ミライ

洗練された乗り味

SC「わたしはミライ、ix35、クラリティには全部乗ったけど、これらには共通点もあればことなる点もあるね。どれもすばらしく洗練された感じだし、滑らかで運転も簡単だ。ギアを変えたりクラッチを踏まなくてもいいからね。それに望むだけのトルクをピタリと出してくれるし、良くできたバッテリー式EVから乗りかえても違和感がない」

SC「3台ともとても静かでスムーズだから、ロールス・ロイスのリムジンに動力系をそのまま載せてもぜんぜんおかしくないね。あえていえば、ミライはわずかに騒音が気になったかな。コンプレッサーのうなり音とか、あとは異常ではないけど始動時にかすかにパスンパスンという音もする。でも水素自動車が常識になれば、動力系の音や振動は問題にはならなくなるだろうがね」

JH「わたしはクラリティには乗っていないけど、ミライとix35 FCVは期待にそってくれたね。ミライは十分目的にかなう出来具合だけど、ix35 FCVには少しばかり欠点もあった。まあどれもささいなことだし、もとのモデルの設計の古さとか左ハンドルに起因するものばかりだ」

JH「たとえば質感や空間設計はちょっと時代遅れだし、左ハンドルと足踏み式のパーキングブレーキには慣れが必要、というところだね」

 
最新試乗記

人気コンテンツ